キャラアニ.com


263円からのナウでヤングなレンタルサーバーロリポップ!

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man

  • 2011/02/11(金) 22:56:00

今回は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man
発売日:2009/10/27
枚数:1枚
時間:159分

TVシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』全26話の主軸である<笑い男事件>を濃密凝縮した総集編!
ハイビジョン対応の高密度な映像、
新作カットに加え、
新規アフレコを含む5.1チャンネルサウンドとハイクオリティフォーマットで作り直された作品。






雑感
本作は2005年に発売されたものが2009年に、
EMOTION the Bestで再販されたもの。

内容は、書くまでも無いので割愛。

笑い男事件が途切れなく見れるのがうれしい、
ただ、どのあたりが新作カットなのかまでは、
TVシリーズを完全に憶えていない無いので不明。

見比べてみるのも楽しいか?

名探偵ホームズ

  • 2011/01/28(金) 15:45:39

今回は「名探偵ホームズ
1984年11月6日〜1985年5月20日
テレビ朝日系列局
全26話





イタリアの国営放送局RAIが、
イタリアの民間制作会社REVERに制作を発注。
REVERが日本の東京ムービー新社に共同製作を持ちかけて、
実現した日伊合作作品。
実際の制作は東京ムービー新社傘下のテレコム・アニメーションフィルム(以下テレコム)が担当。

監督の一人に宮崎駿氏がいる。

コナン・ドイル原作としているが、
オリジナル・ストーリーとなっている。

原作での二人の出会いは「緋色の研究(A Study in Scarlet)」で、
アフガニスタンに軍医として赴任し、負傷して帰国し、
日々為す事も無くすごしていたワトソン博士に、
博士のかつての助手であった人物から特異な人物がいると
紹介を受けたのがホームズだった。
その後、気の合った二人は共同生活を始めるようになる。

本作では、まるっきり違っていて、
船上で事件に巻き込まれ、ワトソン博士と協力して解決(?)する。



本作より先に劇場版「「青い紅玉」「海底の財宝」が公開された、確か「風の谷のナウシカ」と同時上映だった記憶がある。
その後テレビで放映。
宮崎アニメの中では「ルパン三世 カリオストロの城」についで好きな作品。


作中には、一応、原作のモチーフがあり、探してみるのも楽しみ方の一つだと思う。

廉価版ゆえに何も特典が付いていないのは仕方が無いが、
せめて画質は上げて欲しかった。

東京マグニチュード8.0

  • 2010/09/14(火) 23:53:56

今回は「東京マグニチュード8.0
2009年7月9日より2009年9月17日
フジテレビのノイタミナ枠

全11話

あらすじ
2012年7月21日土曜日。
夏休み初日、中学1年生の小野沢未来は、弟の悠貴のお守りとして、
一緒に東京のお台場へロボット展に来ていた。
未来は、「こんな世界、壊れちゃえばいいのに」とネットの掲示板に書き込む。
送信ボタンをしたその時、地面が大きく揺れた。
マグニチュード8.0の海溝型大地震が東京を襲った。
レインボーブリッジが崩れ落ち、東京タワーが倒壊し、
東京が壊滅的な被害を受けている中、
未来と悠貴は、お台場で出会ったバイク便ライダー日下部真理と共に、
世田谷の自宅へへ向かって歩き出す。

キャスト
小野沢 未来:花村怜美
小野沢 悠貴:小林由美子
日下部 真理:甲斐田裕子
小野沢 誠司:中博史
小野沢 雅美:井上喜久子
日下部 ヒナ:山口愛
日下部 礼子:水落幸子
日下部 隆太:羽多野渉
マユ:喜多村英梨
ユカ:豊崎愛生
リサ:遠藤綾
メグ:高平成美
滝川 クリステル:滝川クリステル
古市 匡司:青野武
古市 美佐子:望木祐子
川崎 彩:野中藍
野々宮 健斗:浜添伸也
川島 樹:沢城みゆき







ただのシミュレーションではありません、
どちらかといえば被災した主人公の心の成長を描いています。

主人公は反抗期の中学1年生の「小野沢未来」と弟の「小野沢悠貴」
そして、この二人と同行する「日下部真理」の3人。

最初は何に対しても、後ろ向きだった未来が、家に着くまでの約4日間で、真理の行動や避難所でボランティアをしている人たちに触れ、考え方が変わっていきます。
特に弟の悠貴に対しては、ものすごく変わります。

地震に関しては、M8.0の直下型が起きればもう少し被害が出ると思うのですが…。

ただ、このアニメ、何故深夜枠だったのかが物凄く不思議。
途中のエピソードを抜いて、映画でも良いくらいの出来栄えなのに。

そして改めて、アニメはすごいなと思った作品。

第10話「おねえちゃん、あのね」は涙なしには見れないです。