キャラアニ.com


263円からのナウでヤングなレンタルサーバーロリポップ!

ハーパーズ・アイランド

  • 2011/01/08(土) 18:38:27

今回は「ハーパーズ・アイランド

WOWOWで昨年放送。





あらすじ
ヘンリーとトリッシュはシアトル沖に位置するリゾート・アイランド・ハーパーズ・アイランドで挙式を行うため、家族や友人を伴ってやって来る。
だがここは、かつて6人もの島民が殺人鬼の餌食となった惨劇の島だった。
そのときに母親が犠牲になった、ヘンリーの幼馴染、アビー・ミルズも式に参加するために島に戻ってきた。
そして、アビーの上陸にあわせるように、過去の悪夢が再び現実となり、参列者がひとりまたひとり殺されていく。
参加者それぞれにあった愛と憎しみ、陰謀、裏切りがあらわになり、人々の間に疑心暗鬼が生まれていく。
止まない連続殺人、誰が何のために?



雑感
自分的には好きなストーリ、一応途中までは推理が出来る。
ある人物が殺されたところで、大きな変化が見られるようになり(2回ほどある)、そのままの流れでいって欲しかった。
殺人鬼の正体に関しては、これはないだろうという展開。
犯人がわかったあとに数回続きます。

劇中では基本的に推理などがない、出てくる状況証拠で怪しさが増して来る人物がクローズアップされたりする。
この人は死んで欲しくないな〜とか、結構、感情移入をしてしまうところで、
殺されたりするところは、かなり好きな演出。

もう一つ残念なのが、伏線の回収が全て出来ていない、なので微妙な気分にさせられるところが結構あること。

それと、島民は何処に行ったのだろう、幾らなんでも、これだけの騒ぎがあって、アビーやヘンリーたちに関係している島民ぐらいしか出てこないのはおかしいと思うが…。

全13話だが、もう少し短くして、意外性のある犯人が欲しかったのは否めないが、海外ドラマが好きなら良しというところ。

WOWOWで放送していたときは、サブタイトルとして「惨劇の島」というのが付属していた。

マディソン役のカサンドラ・ソウテルがイモトアヤコに見えるときがあるのは気のせいかな。

4400

  • 2007/11/28(水) 23:51:32

今回は「4400 未知からの生還者

主な出演者
トム・ボールドウィン:ジョエル・グレッチ(声:原康義)
ダイアナ・スクーリス:ジャクリーン・マッケンジー (声:佐々木優子)
リチャード・タイラー:マハーシャラルハズバズ・アリ(声:江川央生)
リリー・ムーア:ローラ・アレン (声:伊藤美紀)
ショーン・ファレル:パトリック・フリューガー(声:川本克彦)
カイル・ボールドウィン:チャド・ファウスト (声:加瀬康之)
イザベル:メガリン・エキカンウォーク(声:佐古真弓)
マイア・ラトリッジ:コンチータ・キャンベル(声:金田朋子)

あらすじ
1946年、両親とピクニックに来ていた8歳の少女マイアが忽然と姿を消したのが始まりだった。
それから半世紀の内に世界中の多くの人たちが忽然と姿を消す事件が起こるが、すべては謎の失踪事件として片付けられた。
そして2004年のある日、地球に彗星が接近して来たが、その彗星は地球に近づくにつれ、減速をし、シアトル郊外のレイニアス湖の上空に停止した、彗星と思われていたものは光の球体で、マスコミや国土安全保障省の捜査官たちが見守る中、眩い光を放ちながら、破裂し、その後から出現したのは、半世紀の内に謎の失踪を遂げた4400人の人たちだった、彼らは失踪時の記憶がなく、姿も失踪当時のまま年も取っていなかった。
彼らはいつからか4400(フォーティ・フォー・ハンドレッド)と呼ばれるようになった。

トムは、出現した失踪者のなかに姉の子どもであるショーンを見つけ、ショーンが消えた日から昏睡状態の自分の息子カイルのことを調べるために国土安全保障省の捜査官に復職し、ダイアナと共に調査を始める事となった。
彼らは一体誰に連れ去られて、何故同時に戻ってきたのか?


  



WOWOWで第3シーズンが2007年4月23日から7月24日まで放送された、
第4シーズンは2008年1月10日より放送開始の予定


第1シーズンは全6話。
この6話すべてが、イントロダクションになっている、戻ってきた彼らは収容所に入れられ、調査され、世論の声によって開放される、だが、彼らにとっては昨日のことのように思えるが、実際には何年、何十年と失った時間に戸惑い生活をする、その中で特殊な力が発現する者が現れた、何のために。
彼らが誰に、何故連れ去られたのか、そして何故同時に戻されたのか、その目的が明らかになる。
トムはその目的を知らされるが、全部を聞く前に、他の捜査官の一発の銃弾により途切れてしまう。
そして、第2シーズンは彼ら4400に与えられた何かによって起きる事件をトムとダイアナが追う。
謎が謎を呼ぶ展開、4400を束ねようとする男、トムの甥っ子ショーンの苦悩、そして4400を敵視する人々。
息をつかせぬ展開が待ちうけている、単なるミステリーではなく、人の心の奥底まで踏み込んだドラマ、衝撃的な展開。

お薦めです。