キャラアニ.com


263円からのナウでヤングなレンタルサーバーロリポップ!

テレビの中の悪夢

  • 2007/02/08(木) 20:48:10

今回は映画を紹介します。

地下室の魔物(Don't be afraid of the dark)」
1973年 アメリカ ジョン・ニューランド監督
出演:キム・ダービー、ジム・ハットン、バーバラ・アンダーソン他

あらすじ
祖母の遺した屋敷に結婚を機に移り住んできた夫婦。
コンクリートとボルトで不自然に塗り揉められた地下室の暖炉が
気に入らない新妻、古参の管理人の忠告も聞き入れず壊してしまう…。


はじめて見たのは、20年以上前です。
テレビ東京の「午後のロードショー(1996〜)」の遥か以前、
東京12チャンネルだった頃に、午前中と夕方に同じ映画を
放送していたときに2回、深夜に放送したのを1回(これは中学生のとき)、
計5回見ました。
小学生の頃見たときは、かなり不気味な感じを受けました、
見終わった後、昼間は一人だったので、物陰などを確認しながら
トイレに行ったり、物音がすると過剰に怖がっていたのを記憶しています。
(今見るとどうって事は無いですが)
それでも、放映していると必ず見てしまった、映画です。

内容はネタバレになるので伏せておきます、
B級好きなら必見の一作です。


他に「ガーゴイルズ」と云う映画が収録されています。

ちょっとマイウェイ

  • 2007/02/03(土) 10:50:58

今回は「ちょっとマイウェイ」

1979年10月13日から1980年3月29日毎週土曜日
21時から21時54分の枠で放送。

出演
桃井かおり、研ナオコ、緒形拳、八千草薫、結城美栄子
犬塚弘、赤塚真人、神田正輝、秋野太作、岸本加世子
左時枝、峰竜太

あらすじ
南代官山にあるレストラン「ひまわり亭」の
三姉妹を中心に起きるホームコメディ


初めてまともに見た、大人のドラマです。
1979年当時、小学生でこのドラマを見るために起きているのはOKでした。
八千草薫さんのファンになりましたね。

レストラン物のドラマの原点はこれではないかと思います。

以前紹介した「王様のレストラン」も店を再建する(一流のレストランにする)
ストーリーでしたが、

この「ちょっとマイウェイ」はどちらかと云うと途中から
人間関係や恋愛色が強くなっていきます、このあたりが一寸残念でしたが、
ベタベタしていないので、気持ちよく見れます。

当時の風潮なのでしょうが、結婚願望がかなり表に出ていて今見ると面白いです。
ファッションやメイクの仕方も今と比べると一寸重そうな感じを受けます、
が、桃井かおりさんが街を歩くシーン(通行止めなどしないで、カメラは遠くから撮ったみたいです、通り過ぎる人たちが、気がついてずーっと見ていたりするのが写っています)は凄くかっこいいです。

岸本加世子さん(牧野真弓:ウエイトレス役)が19歳で凄く可愛いです。