キャラアニ.com


263円からのナウでヤングなレンタルサーバーロリポップ!

特撮の第一人者 レイ・ハリーハウゼン

  • 2007/12/21(金) 11:50:42

今回は「レイ・ハリーハウゼン コンプリート・コレクション
販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
DVD発売日: 2007/12/19
8000セット限定版







■収録作品
1、地球へ2千万マイル (初カラーライズ版)
2、世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す (初カラーライズ版)
3、水爆と深海の怪物 (初カラーライズ版)
4、タイタンの戦い (初ピクチャーディスク)
5、アルゴ探検隊の大冒険 (新デザイン・ピクチャーディスク)
6、シンドバット7回目の航海 (新デザイン・ピクチャーディスク)
7、シンドバット黄金の航海 (新デザイン・ピクチャーディスク)
8、シンドバット虎の目大冒険 (新デザイン・ピクチャーディスク)
9、ガリバーの大冒険 (新デザイン・ピクチャーディスク)
10、SF巨大生物の島 (新デザイン・ピクチャーディスク)
11、H.G.ウェルズのSF月世界探検 (新デザイン・ピクチャーディスク)
12、恐竜グワンジ (新デザイン・ピクチャーディスク)
13、原子怪獣現わる
14、恐竜100万年
15、レイ・ハリーハウゼン ザ・アーリーイヤーズ (初DVD化)

今年の東京国際映画祭特別招待作品である
地球へ2千万マイル カラーライズ版
世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す カラーライズ版
それと、アシスタントとして参加した『猿人ジョー・ヤング』やテスト・フィルムなど貴重な映像が収録されているザ・アーリーイヤーズが収録されている。

最初に見たのは「恐竜100万年」でテレビだった、1954年製のゴジラよりも先に見たのでは無いだろうか、主役のラクウェル・ウェルチのビキニのような服を着た姿は今でも忘れられない、さすが「20世紀最高のグラマー」。
その後に「巨大生物の島」、「シンドバットシリーズ」、「アルゴ探検隊の大冒険」等などを、3本立ての安映画館でみた。

「アルゴ探検隊」の銅像が動き出すところや、「地球へ〜」にイーマが生まれるところなどは今見ても凄いと思う。

ただ、ハリーハウゼンファンにとっては、結構痛いラインナップ、
すでにDVD化されているものが多い。
恐竜100万年は出来ればイギリス上映版も収録されていると良かったなと思うし、吹き替え版もあってよかったのではと思う。

だが、これからハリーハウゼン作品をじっくり見たい方にはお薦めの、ラインナップだ。
(私は購入しました)

ジェントル・ジャイアント社が12インチ(約30cm)のド迫力スタチューとして完全復刻させたイーマもおまけについてくる。


風の谷のナウシカ

  • 2007/12/10(月) 15:42:24

今回は「風の谷のナウシカ

アニメージュ誌上で1982年から1994年(中断期間を含む)まで連載されていた漫画。
全7巻
出版社: 徳間書店 (2003/10/31)
ISBN-10: 419210010X
ISBN-13: 978-4192100106
発売日: 2003/10/31








何故いまさら「ナウシカ」なのか、
ただ単に、前々回に書いた「粘菌―驚くべき生命力の謎」に「ナウシカ」について触れられていたからと云う理由。

部屋の中を探し回って、やっと見つけたワイド版を一気に読んだ、
久しぶりに読むと、見方が変わって面白い、
初めて読んだときは高校生(映画を見たのも高校生の時)、
最終話を見たのが30になる前だった。
知っているとは思いますが、もともとのモチーフは「堤中納言物語」に登場する「虫愛づる姫君」です。
ナウシカ」の場合は虫の声が聞こえると云う設定ですが。
映画(漫画の最初の部分)では自然と人間が主体で、
行き過ぎた科学文明の負の遺産として、腐海や大海嘯が描かれ、
その、自然の象徴として「王蟲」がいましたが、
漫画では中盤から、それが変わっていきます。
これ以上はネタバレになるので、気になる方は本編をどうぞ。

最終話は「アニメージュ」誌上でも議論を巻き起こしたそうです。

映画と見比べてみるのもいいと思います。





ダンボー

  • 2007/12/06(木) 18:58:41

新しいカテゴリーを追加した。

それは、

フィギュア


今回は「リボルテック ダンボー

あずまんが大王」の「あずまきよひこ」氏の「よつばと! (1)」から、





まさかのフィギュア化

電飾が施されたうえに、三浦の頭部付き。

しかも、リボルテックなので海洋堂なのだ。

スケール的には少しおかしいけど(三浦がどうやって着たのか不思議)

お金を入れるところやダンボールの継ぎ目、蓋の折込の稼動など、結構細かく再現しています。

かなりの癒しアイテムですね。